« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006-02-27

・・・やってもうた。

母の誕生日にケーキを焼いた。

ケーキといってもロールケーキ。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・   失敗した。

フワフワの生地を作るつもりたっだのに、真っ茶色。

もちろん画像はのせれない。

でも、おいしかったから、許して?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-02-24

オーブンレンジを買っちゃいました☆

母の誕生日にケーキを焼こうと、思い切ってオーブンレンジを購入しました!

電気屋さんで、アルミ製のシンプルなデザインのオーブンにひとめぼれ・・・

少し高かったけど、えーい!カードで2回払い(^^;)

早速、毎日使ってます。

Ovenrange SANYOの限定品なんですけど、蒸し物専用の

プレートが付いていました。

茶碗蒸しとか肉まん?とか作ってみたい☆

ケーキは今週末に作るので、またUPしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-02-18

杏仁豆腐☆

Annin ちょっと画像がボケてますが、杏仁豆腐を作りました!

健康のためにも、クコの実を大量にのせてみました。

クコの実にはアミノ酸とかビタミンCとか入って美容に

いいんだって。

あ!母に似て年とともに健康オタクになってきてる。

クコの実を調べてみると

「川の土手やほとりに赤い実をつけているクコ。
 見覚えのある方も多いと思いますが、全国的に自生しています。」

・・・あるっけ??見たことないぞ。

毎日20粒くらい食べるといいそうです。

ホワイトリカーに漬けてクコ酒を作って、毎日ワイングラス1杯を

飲んでもいいんだって!

へ~作ってみよう(^0^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-02-09

プリンセス・キコ☆

名古屋市中区の市立「ランの館」で一昨年、秋篠宮さまが手植えされたラン「プリンセス・キコ」が、紀子さまの第3子ご懐妊の報道があった直後の7日夜から8日朝にかけて開花した。職員らは「こんな偶然があるとは」と驚いている。

 プリンセス・キコは中南米原産で高さ約30センチ。花は、紀子さまをイメージしたような清楚(せいそ)な姿で、白色で縁に薄紅色がほんのり入っている。

 2鉢あるうち、横地修館長が植えた1鉢は、昨春から咲いたのに対し、秋篠宮さまが植えられた鉢は開花が遅れていた。9日から同館アトリウムで特別展示される。

(読売新聞) - 2月8日22時24分更新
Kiko

←「プリンセス・キコ」の画像だそうです。

この記事をみて、こんな偶然があるのかと驚いた!

おめでたい!

「プリンセス・キコ」という蘭の花を聞いて、約7年前のことを思い出しました。

「プリンセス・マサコ」っていう蘭もあるんですけどね、うちの母がマサコって

名前なんです。

そう、2月の母の誕生日にバイヤーに探してもらい贈ったことがあったのでした。

この年は「プリンセス・マサコ」を作っている生産者さんが少なくて、2ヶ月くらい

バイヤーの方に探していただきました。

母の誕生日、ギリギリに見つかった時は嬉しかった。

「プリンセス・マサコ」も少し落ち着いたピンク色で、とてもキレイですよ。

自分の名前がついたお花があるなんて、いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-02-08

気分はもう春っ!

Sansai スーパーで目にしたので「山菜ごはん」を炊いてみました。

まだまだ雪が降り寒いけど、気分だけは春ですよ。

今日のアレンジ教室もチューリップスイートピー

ラナンキュラスと春のお花たちばかりを使いました。

春になったら、お弁当持って公園に行きたいし、植物園にも行く約束したし

う~待ち遠しい!

                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-02-07

hanaつながり。

昨日、東京の花屋に勤めている先輩からお花のお届け依頼を受けました。

50歳くらいの女性で大学の合格祝いとのことでした。へーすごい!

_1 さっそく福岡花市場へ行き物色。

大人の女性のイメージで

イヴピアッチェ(バラ)・あじさい・シキミア・モンステラ

購入し制作→そしてすぐお届け!

イヴピアッチェは香りがとてもよく、お気に入りのバラのひとつ!

お届けしたお客様も気に入ってくださったみたいで、配達後、お電話ください

ました。

人と人、お花でつながってる気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »